スポンサードリンク

福田です。

 

お昼ごはんを終えて、午後からの仕事って
すごく眠いですよね、ボンヤリしますよね。

 

そんな時あなたはどうします?
仮眠を取る?コーヒーを飲む?

 

実はこの仮眠とコーヒーを合体させた
コーヒーナップがすごいんです!

 

コーヒーナップってどんな意味?カフェインと睡眠がどう働くの?
 

コーヒーに含まれるカフェインが
眠気覚ましになるのは、誰でも知ってますよね。

 

頭を使ったり、身体を動かしたりすることで
エネルギーを使うと、

脳内のアデノシンとアデノシン受容体という
2つの物質がくっついて脳の働きが悪くなります。

 

脳の働きが悪くなると疲れを感じたり
眠くなったりするんですね。

 

そんな時カフェインを摂取すると、
カフェインとアデノシン受容体がくっつきます。

すると脳が
「アデノシンが余ってるぞ。
じゃあエネルギーも余ってるな。」

と錯覚して、いつも以上に
神経を活発にさせる物質を出すので
元気(覚醒状態)になるというわけです。

 

しかし、コーヒーだけでは
時間が経つとカフェインが抜けていって、

またアデノシンとアデノシン受容体が
くっつこうとしてしまうんです。

 

このカフェインとは違う働きがあるのが、睡眠です。

 

睡眠には脳内から
アデノシンを消してくれる作用があります。

 

睡眠を取ると脳内のアデノシンの数が減るから、
眠気がなくなったり、疲れが取れたりするんですね。

 

睡眠といってもこの場合は仮眠のことで、
時間は20分以内を厳守!

 

それ以上の睡眠を取ると眠りが深くなってしまって、
寝覚めの良くない状態の「睡眠慣性」という、

ボンヤリウトウトしてしまう
現象が発生してしまうので要注意です!

 

コーヒーナップの方法とは?
パワーナップとカフェインでデキる男になろう!
 

コーヒーナップとは、パワーナップ(短い仮眠)と
コーヒーの良いとこ取りをして、

その効果を最大限生かそうじゃないか!
というもの。

 

仕事中に眠気に打ち勝とうとコーヒーを飲むと、
カフェインが小腸から吸収されて

脳に到達して効果を発揮するまでに約20分かかります。

 

20分は眠気と戦わないといけないってことですね。
ということは、20分は眠れるってことです!

スポンサードリンク

 

このカフェインの効果が発揮される仕組みを利用した、
効果的な休憩方法がコーヒーナップなんですね。

 

コーヒーナップのやり方はいたってシンプル。

 

コーヒー(カフェイン)を飲んですぐ横になり
リラックスした状態で
自然に眠りに落ちるのを待つだけです。

 

寝過ごさないように、20分後のアラームを忘れずに…(笑

 

コーヒーナップを昼寝としてやるなら
昼食後の休憩時間なら20分も確保できて、
会社にいてもやりやすいのでは?

 

コーヒーを飲んでカフェインを摂取し、
眠ることでアデノシンを減らした状態で20分後に起きたら、

カフェインの効果も発揮されて
バリバリ仕事をこなせちゃいますよ〜!

 

眠りにつけなくて時間が過ぎてしまっても
コーヒーナップの効果は得られるので安心してくださいね。

 

コーヒーナップするコーヒーの種類や量は?
 

コーヒーナップをする時のコーヒーの量は、
缶コーヒー1本で十分なカフェインを摂取できますよ。

 

コーヒー豆の種類で
カフェインの含有量はあまり変わらないし、

時間をかけて飲むより眠る前に一気に飲んだ方がいいので、
猫舌の人には冷たいコーヒーがいいかもしれませんね(笑

 

カフェインはちょっと控えてる…
ってあなたは、パワーナップがいいですよ!

 

睡眠不足が続いてるあなたには特に効果的です。

 

やり方は、コーヒーナップの
コーヒーなしバージョンですね。

カンタン!(笑

 

15分〜20分の短い睡眠で、スッキリして
仕事の効率をあげちゃいましょう!

 

いかがでしたか?

 

デスクワークでもカラダを動かす仕事でも、
コーヒーはいつも手元にないと落ち着かない!
という人も多いはず。

 

ただ嗜好品として飲むだけではなく、
どうせ飲むならボクたちビジネスマンが、
仕事を効率化できるアイテムとしても活用してみる、

というのはいかがでしょうか?

 

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています