スポンサードリンク

実は10人に1人が悩まされている難聴とは

難聴と聞くとまだまだ自分には関係がない
と思われている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、社会構造の変化などを原因として、
今や10人に1人が悩まされている症状のひとつが難聴でもあるのです。

 

特に、症状を感じ始めるのが驚くなかれボクたち40代。

その後、年齢を重ねるにつれて
難聴に悩む方も増加していくのだとか…。

 

また、耳が聞こえにくくなることは
心理的な不安にも直結し、
私生活に影響することもしばしば。

 

ぜひ、他人事と思わず今のうちから
知識を備えておきましょう。

 

ある日突然おとずれる突発性難聴

朝起きた時になぜか片耳だけ聞こえない、
という症状は、突発性難聴と呼ばれます。

 

外耳道や鼓膜、蝸牛
(かぎゅう、耳の中の構造図で見たことありますよね、
あのカタツムリみたいに渦巻いたヤツです)
に外傷が見られないことが多く、

詳しい原因ははっきりしていない難聴の一種。

 

血液循環やホルモンバランス、
免疫力などの体内環境の悪化が要因となることが多いため、
直接的な治療法がなく、生活環境を変化させることで
改善されることもあります。

 

片耳だけが聞こえないという症状から、
三半規管に影響し、めまいや吐き気を伴うこともあり、
頻発する場合にはストレスを感じるたびに
難聴にケースに発展することもあります。

 

メニエール病はひどいめまいに難聴が影響していることも…

耳に違和感はないものの、
めまいや吐き気の原因として難聴が原因に
関わっていることもあります。

スポンサードリンク

 

特に、自分が中心となってグルグルと回転するような、
回転性めまいを感じる方は
メニエール病を疑ったほうが良いでしょう。

 

メニエール病はストレスや不規則な生活を原因として、
自律神経が乱れ、めまいや耳鳴りを引き起こし、
ボクたち40代から起こりやすい症状のひとつです。

 

症状が進行すると私生活に影響し、
さらなるストレスにつながることもも珍しくなく、
ストレスとメニエール病の悪循環に
落ちいてしまうことも考えられるのです。

 

この症状も、突発性難聴と同様に
直接的に治療することができませんので、
少しでも心当たりがあれば、
早めに医師の診察を受け治療を行いましょう。

 

外傷や加齢を原因とした難聴
難聴はこれまで紹介してきた突発性難聴や
メニエール病などの他にも、
さまざまな要因で生じます。

 

代表的なものとしては、
大きな音を日常的に聞き続けた結果、
耳の奥の蝸牛という部分を傷つけてしまう。

 

加齢によって、次第に耳がキャッチした音の信号を
脳に伝えることができなくなるなどです。

 

しかし、外傷であれば短期間で治ることが多いですし、
加齢の場合には体が少しずつ変化に対応していくので、
めまいなどの症状まで発展することはありません。

 

早めに医師に相談し、
ウィルスによる合併症や私生活に支障がないように
補聴器をつけるなどの対策を講じておきましょう。

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています