スポンサードリンク

福田です。

最近アンチエイジングという言葉、
よく聞きますね。

 

やっぱり誰だっていつまでも若くありたいし
老いること、老化はできれば受け入れたくないもの…

日本語で言うと、
「抗老化」「抗加齢」という意味になります。

 

「アンチ」というコトバを付けると
「不老不死」=老いたくない、死にたくない

という印象を持つ人も多いかもしれません。

 

しかし「アンチエイジング」
そう解釈するのではなくではなく、

「少しその進みを遅らせること」と考える方が
一般的かと思われます。

 

生きている限りはやっぱり年老いてしまうからこそ、
なんとかできないかと思うものです。

 

しかし、なんと生物の世界では
老化しない生物というのは、
案外多くいるそうなんですよ!

 

まるでSF小説やゲームの世界に出てくる不老不死、
そのキーポイントとも言えるテロメアと
サーチュイン遺伝子についてお話ししますね。

 

そもそもテロメアってなに?
 

 

ボクたちの身体は、一つ一つの
異なる細胞で構成されていて、

その細胞の一つ一つに
遺伝子が組み込まれています。

 

ほら、ハシゴの様なものがねじれている画像とか、
学生時代に生物で勉強しましたよね。

 

もちろんボクはちょっと苦手だったけど…。

 

ボクたち人間や動植物には、親から子へ、
子から孫へと伝わっていく情報があります。

 

それを遺伝子と言います。

 

その遺伝子が二重らせんのねじれた
ハシゴみたいなもの、

さらにそれがローマ字のXのような形を作っています。

 

それが染色体と呼ばれていますが、
そのXの字の端っこのことをテロメアと言い、
染色体の端っこを守っているんですね。

 

テロメアがそうして守ってくれているおかげで、
ボクたちの染色体は
端っこから壊れたりすることがないのだけど、

 

これが歳を重ねて
細胞が何度も分裂すればするほど、
テロメアは短くなっていくのですね。

 

そして限界までくると、
「死」ということになるのです。

スポンサードリンク

 

このテロメアの減少を極力減らすためには、

 

 朝ご飯は抜かずにきちんと食べる

 睡眠不足にならないよう心がける

 

という日々の努力も重要
という研究結果が出ています。

 

また、現在ではテロメアを長くしてくれる
酵素・テロメラーゼも研究されているので、

近い将来テロメラーゼを多く作って
テロメアを長いまま維持する=老化を止める

 

なんてことも近い将来できるのかもしれないですね!

 

長生き遺伝子という二つ名?サーチュイン遺伝子
 

 

サーチュイン遺伝子とは、
テロメラーゼ同様、酵素の一つです。

 

このサーチュイン遺伝子の働くスイッチを
オンにすることによって、

なんと!老化を防ぐことができちゃうんですね。

 

 1.ガンなどの治療が大変な病気にも効果がある

 2.美肌、というかお肌が若返る!

 3.肥満の予防にもOK

 4.薄くなった毛髪にも効果的

 

おー、すごい!

早速ボクもサーチュイン遺伝子の
スイッチをオンにしたい!

 

そんな時には
3食のカロリーを少しずつ減らす。

 

ポイントは、
お腹がグ~となってから食べよう。

 

そして、ポリフェノールの一つ
「レスベラトロール」を摂ろう。

 

レスベラトロールは、
ブドウや赤ワインに含まれています。

サプリメントも出ているので、
ブドウのない時期やワインを飲まない方でも
摂ることができます。

 

いかがでしたか?

 

肉眼で見ることのできない遺伝子や染色体、
その先端にあるテロメアっていう存在なんて、

知らなかった方も多いのでは…?

 

それを気遣うことで老化を遅らせたり、
寿命を伸ばすことができるなんて、
不思議な感じですね。

 

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています