ぽっこりお腹はタヌキ腹!たるんだ下っ腹を引き締める方法とは?

肥満・ダイエット

スポンサードリンク

ぽっこりお腹をどうにかしたい!

 

そんな悩みを持つ40代の方は結構多いのでは…?

仕事も毎日忙しく、脂肪に加えてストレスも貯まり、
ますます痩せにくくなる悲しき40代…。

 

ダイエットや運動などの
痩せる方法を試してはみるものの、

ぽっこりとしたお腹を引き締めることを
諦めてしまう方も多いと聞きますが、
ホントにムリなのでしょうか?

 

ぽっこりお腹の改善にはまず原因を考えよう

ぽっこりお腹の原因として最初に思いつくのは
需要と供給のアンバランス。

 

つまり消費カロリー量と摂取カロリー量を比べると
摂取カロリー量が多い場合ですね。

 

この場合は低カロリー高タンパクな食生活を心がけ、
バランスの良い食生活を送ること。

 

また40代をすぎると基礎代謝量が落ちてきます。

腹八分目を忘れずによく噛んで、
ゆっくりと食事を楽しみましょう。

 

ぽっこりお腹で多いのが筋力低下です。

これは下腹に脂肪が付いたのではなく、
内臓が下がってしまった状態です。

 

特に女性みられることですが筋力が弱いため、
内臓を支えることができなくなってしまったためです。

この場合にはこれから紹介する運動などによって、
お腹を引き締める他にありません。

 

またポッコリお腹の原因として、
骨盤の歪みもあります。

筋力低下に加えて骨盤が開いたことで、
内蔵が下がってしまった場合です。

 

運動でもなかなかポッコリとした
下っ腹が引っ込まないときは、
骨盤の歪みを疑う必要があります。

ぽっこりお腹の解消方法は1分で可能です!

 風呂上がりにポッコリとしたお腹をみて、
ダイエットを始めても、若い頃のように
簡単には引っ込まなくなってしまいました。

 

ダイエットの方法が間違っているのか、
試行錯誤する我々40代に
効果的な痩せる方法はないのでしょうか?

 

ポッコリお腹の原因のひとつには、
まず加齢が挙げられます。

 

ポッコリしたお腹は、皮下脂肪の他にも
内臓脂肪がつきすぎて

下っ腹がポッコリと出ている方も多いようです。

スポンサードリンク

 

そんなポッコリお腹を解消する
痩せる方法をお伝えしましょう。

寝る前の1分間でポッコリお腹が解消できますよ。

 

(1)仰向けに寝て足を肩幅に開いて、腕を身体の側面に付けます

(2)床面に対して垂直に、両手両足を天井に向けて上げます

(3)そのまま、手足全体を細かく振動させます

 

これを1分間続けます。

(1)~(3)で1セットとして、
それを1日3セット繰り返すだけなんです。

 

自分のポッコリお腹撲滅のためなら、
これくらいすぐにでもできると思いませんか?

 

コレって、『ゴキブリ体操』って呼ばれてるんですね~。
動画も参考にしてみて下さいね。

 

ぽっこりお腹に過激なダイエットは恐怖…

ぽっこりお腹を解消するために、
これからダイエットすることを決意したとします。

 

水分を控える、炭水化物を取らない、1日1食にするなど、
どうしても目先のぽっこりお腹の解消のために
過激なダイエットになりがちです。

 

しかし注意して下さい。
過激なダイエットは身体を壊してしまいます。

 

例えば過激なダイエットとして
水を飲まない人がいると聞きます。

水を極端に制御すると、血液がドロドロになりますし、
老廃物が体内に溜まってしまいます。

 

また、ぽっこりお腹は脂肪が原因だと決めつけ、
行き過ぎた食事制限に陥りがちです。

 

過剰なダイエットによって必要な栄養が不足するため、
私達の身体は筋肉などから栄養を取り始めます。

これでは栄養失調になってしまいます。

 

ぽっこりとしたお腹を引き締め、
若い頃のような身体に戻りたいと思うのは
我々40代には多いと思います。

 

しかし、そのために
健康を損なうことは避けなければなりません。

 

ぽっこりお腹の原因を探り、
健康的なダイエットで下腹に付いた脂肪を落としましょう。

 

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています

コメント