男性更年期の症状は40代から現れる!気力だけでは乗り切れない?

ホルモン

スポンサードリンク

更年期や更年期障害なんて女性だけのものだと思っていました。

 

でも更年期障害ではないにしろ、
最近ストレスでイライラしがち、
夫婦生活が今は…、って言う人はすごく多いはず。
(実際ボクもそうなので…汗)

 

そんなあなたも即チェックして、
早いうちから対策していきましょう。

 

更年期症状は治すことができる!
ボクも気分はいつも20代後半、なんですが…。

 

今回は、男性更年期について調べてみます。

 

ナニ~!男性更年期は早い人なら30代から?
 

「更年期」と言われると女性特有の症状だと思っていませんか?

 

ところが近頃は、ボクたち40代の働き盛りの男性の
更年期障害も増えているのです。

 

40代以降の中高年の、60人に1人が
男性更年期障害の可能性があるとも言われています。

意外と多いものです。

 

ちなみに男性更年期障害の正式名称は
「加齢男性性腺機能低下症候群
(late-onset hypogonadism: LOH症候群)」といいます。

 

男性ホルモンは20~30歳代をピークに徐々に低下し、
様々な身体症状が出てきます。

 

発症年齢も女性ではいわゆる更年期と呼ばれる
40~50歳に集中していますが、

男性ではなんと早くは30歳代後半から70歳近くまでと、
女性に比べかなり幅広い世代に及ぶのが特徴です。

男性更年期障害の症状は2つの観点から
 

それでは、男性更年期はどのような症状が現れるのでしょうか。

 

男性更年期の主な症状は身体と精神面、
それぞれに現れてきます。

 

【身体の症状】

 動悸・肩こり・発汗・ほてり・疲れやすい・筋肉痛・頻尿・性機能の低下

 

【精神的な症状】

 意欲の喪失・不眠・集中力低下・不安・抑うつ感・記憶力の低下

 

男性更年期の原因は男性ホルモンの低下が原因です。

 

男性ホルモンは思春期に男性らしさを形成し、
代表的なものにテストステロン(testosterone)があります。

 

テストステロンは30代以降から
年に1~2割ずつ減少しています。

 

ただし個人差があり、なんと70代になっても
30代と変わらない値を示す人だっているのです。
(う~ん、羨ましー)

Let’s Try! 男性更年期 1秒チェック
 

それでは、あなたが現在どのくらいテストステロンを
分泌しているかチェックしてみましょう。

 

とても簡単な方法です。ホント、1秒で終わりますから!

 

左右どちらでも構いません、
手を広げて人差し指と薬指の長さを比べてみて下さい。

 

さぁ、どっちが長いですか?

 

薬指が長かった人
あなたはテストステロンの分泌量が多い人です!
(やった~、かろうじて薬指が長かったど~!)

 

でも、このチェック方法は医学的根拠はありません、
あくまでも統計学上のチェック方法です。

 

正しく測定するには血液検査が必要です。

 

この後ご紹介する更年期障害の症状が多く見られ、
気になるという方は病院で検査してみましょう。

 

男性更年期障害で重い症状に苦しむ前に、
早めの治療が必要です。

ハイネマンの質問表で男性更年期障害のチェック
 

男性更年期障害の検査方法には、
ハイネマンの質問表というチェックシートがあります。

 

質問事項は以下のとおりです。

チェック項目は全部で17項目あり、
それぞれ『ない』『軽い』『中程度』『重い』『非常に重い』
の5段階で回答します。

 

ない=1点、軽い=2点、中程度=3点、重い=4点、非常に重い=5点

とし、17項目それぞれの設問でチェックした数字をすべて合計し、
結果をみてみましょう。

 

 1.総合的に調子が思わしくない

 2.関節や筋肉の痛み

スポンサードリンク

 3.ひどい発汗

 4.睡眠の悩み

 5.よく眠くなる、しばしば疲れを感じる

 6.いらいらする

 7.神経質になった

 8.不安感

 9.からだの疲労や行動力の減退

 10.筋力の低下

 11.憂うつな気分

 12.「絶頂期は過ぎた」と感じる

 13.力尽きた、どん底にいると感じる

 14.ひげの伸びが遅くなった

 15.性的能力の衰え

 16.早朝勃起(朝立ち)の回数の減少

 17.性欲の低下

 

男性更年期障害の診断結果

17点~26点=なし

27点~36点=軽度の疑いあり

37点~49点=中程度の疑いあり

50点以上=重度の疑いあり

(32点だったど~!)

 

男性更年期障害は早めの治療を
 

上記のチェックシートで
男性更年期障害の疑いがあるという方、

早めに医師の診断を受けて治療することを考えましょう。

 

男性更年期障害は、
テストステロンの低下が原因の一つです。

 

テストステロンが減少し症状が重い方は、
注射でテストステロンを補充するホルモン補充療法があります。

 

しかしテストステロン注射は筋肉注射なので、
痛みは皮下注射より大きいというデメリットもあります。

 

男性更年期障害の治療は、注射の他に外用薬もあります。

男性ホルモンは主に睾丸から分泌されますが、
普通は加齢と共に睾丸の機能も衰え、
体内の男性ホルモンが不足してきます。

 

有効成分のテストステロンを局所に直接すり込むことにより、
肝臓などへの負担も少なく男性ホルモンを補うことができます。

男性更年期障害には漢方も有効
 

男性更年期障害の治療方法として、注射や外用薬の他に
漢方による治療方法もあります。

 

漢方は植物の実や種、根を乾燥させた
生薬を組み合わせています。

 

漢方は複数の生薬を組み合わせて作られているため、
複合作用が期待できます。

 

しかし、注射や外用薬は即効性が期待できますが、
漢方薬は生薬の力で徐々に身体を治していくため、

効果が自覚できるまで数週間を要すると言われています。

 

だるい、気力がない、疲れやすいなどの症状に有効な漢方薬は
「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」が効くと言われています。

 

他にも、

 

精力の減退には「八味地黄丸(はちみじおうがん)」

 

ストレスや不安には「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」

 

気分が落ち込む、イライラ、そして勃起障害回復には
「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」

 

が効果があるようです。

 

また、ここで紹介した漢方薬は市販されていますので、
病院に行くのが恥ずかしい、仕事が忙しくて病院に行く時間がとれない
という方も試してみることができます。

 

いかがでしたか?

 

男性更年期障害はテストステロンの減少のほか、
ストレスも要因であると言われています。

 

特に神経質な方はストレスが溜まりやすい傾向にあります。
ぜひ、ボクを見習って頑張らなで下さい!

 

また、われわれ40代は責任ある仕事を任され、
人によっては管理職や役員の地位にある方もいると思います。

 

男性更年期障害は複合的な要因により症状がでてきます。

その症状は心身に障害を及ぼします。

 

少しでも男性更年期障害が気になる方は医師の検査を受けて、
早めに治療するよう心がけましょう。

 

ボクも気分は20代後半、いつまでも継続したいですからね。

 

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています

コメント