ワキ汗のオッサンなんて洒落になんない!止める方法や対策はあるのか?

体質・アレルギー・カラダの悩み

スポンサードリンク

これから夏に向けて汗をたくさんかく季節ですね。

 

汗っかきのボクにとっては苦手なシーズンです。
そして最近話題のワキ汗ってのも気になりますよね。

 

 

ボクたち40代は、ワキ汗に加えて
加齢臭やワキの臭いにも対策が必要です。
(え?私だけ?…じゃないですよね)

 

ワキ汗の対策として制汗剤や
ワキ汗パットなどお使いの方も多いと思います。

 

ボクのように汗かきの方は、ただの汗かきではなく
多汗症という病気である可能性もあるので、

以前書いたこちらの記事も参考にして下さいね。

 

 

特にブルーのワイシャツなど衣服によっては
ワキ汗が目立ってしまい、

なんとか止める方法はないものかと
気になっていろいろと調べてみました。

 

ワキ汗の対策やワキ汗を止める方法はない!?
 

ワキ汗の発祥地(?)、わきの下は
汗腺が集まっているため汗をかきやすい部位ですが、

汗腺は身体の温度調整を行っている大切な場所です。

 

暑いときに外で作業をすればすぐにわき汗で
グッショリとなってしまいますよね。

 

また、緊張した時にも
ワキ汗をかいた覚えのある方もいると思います。

 

これはストレスによる発汗で精神性発汗といいます。

 

一方、ワキ汗が止まらない
腋窩多汗症(えきかたかんしょう)という病気もあります。

 

この病気は原因が不明なのに大量のわき汗をかいてしまい、
日常生活にも支障が生じるほどです。

わき汗に限らず、自ら汗をかくことを止めることはできません。

 

ワキ汗を抑える効果的なツボがあるって?
 

ワキ汗を止める方法はありませんが
抑えることはできます。

 

ワキ汗は目立ちますし、

ニオイも気になるところです。

 

ワキ汗を抑えるには、手のひらのツボを押すと
効果があることをご存じですか?

 

手のひらには発汗を抑えるツボがあるため、
ワキ汗が気になったときではなく
毎日習慣的に指圧した方が効果があるようです。

 

ツボの場所は、小指の付け根部分にある後谿(こけい)です。

このツボを習慣的に押すと
ワキ汗などの多汗症に効くといわれています。

 

どうしてもワキ汗を抑えたい、という
即効的な方法としてはボトックスです。

ボトックスはボツリヌス菌という毒素から
精製された薬品です。

 

ボトックスをワキ汗に悩むわきの下に注入して、
ワキ汗を抑えます。

一度の注射で9ヶ月ほど効果が持続します。

スポンサードリンク

 

症状がひどく絶対に治したい!という方は
美容皮膚科という専門医を探して相談してみて下さい。

 

ワキガの原因と脇の臭いの違いとは?
 

ワキ汗が多い方とワキガを疑いますが、
実はあまり関係ありません。

 

普通の汗のニオイとワキガのニオイは別物です。

 

ワキガの独特のニオイは
アポクリン腺から出る汁の匂いです。

アポクリン腺の数は個人差があって、
アポクリン腺が多ければニオイが強くなります。

 

汗はエクリン腺という汗腺から分泌されますが、
エクリン腺は無色無臭で、サラサラして臭いません。

 

しかし、汗腺の働きが弱くなると
エクリン腺から出る汗も臭うことがあります。

 

ワキ汗とワキガの原因には、他にも遺伝や
脂っこいものを食べる食生活も関係あるといわれています。

 

遺伝はどうしようもありませんが、
食生活は自分で改善できますね。

 

ワキ汗とワキガに悩んでいる方は、
試してみる価値はありそうです。

 

 

ワキ汗のケアにお手軽な制汗剤を
 

ワキ汗を抑える制汗剤として思いつくのは、
スプレーやロール式などです。

種類も豊富で手軽に手に入ります。
価格も手軽で多くの方が利用しています。

 

ワキ汗を抑える制汗剤は多種類販売されています。
スプレー式、ロールオン式、クリーム式などの種類があります。

 

一方でワキ汗や臭いの悩みも様々です。

ワキ汗の量が気になるのか、
あるいはワキ汗の臭いが気になるのか、
あるいはワキガなのかなどです。

 

ワキガの場合は皮膚科などに行って
診てもらった方がいいです。

市販の制汗剤ではワキガにはほとんど効果はありません。

 

しかし、ワキ汗を抑えたい場合には
制汗剤の効き目はあります。

 

特にワキ汗の量が多い方は、
クリーム式を試してみたら良いと思います。

 

いかがでしたか?

 

ワキ汗を気にせずに仕事やおしゃれを楽しみたいですね。

 

部下と接する時や大事なプレゼンの時など、
ワキ汗を見せられた方は非常に不快なものですからね。

 

わきの臭いや加齢臭なども合わせて、
我々40代にとって非常にケアが必要なことですよね。

 

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています

コメント