脳のゴミ、掃除しないと認知症になっちゃいますよ|ためしてガッテン!

あなたは最近こんなこと、思うことないですか? 何をやっても集中力が続かない、いつも頭がぼんやりしている、また今日も睡眠不足だなぁ、…なんて。 その原因、脳に溜まっているゴミのせいですよ! 身体の中に老廃物という名のゴミが出る、というのは一般的に知られているように、脳の中にだってそのゴミ(老廃物)はあるんです。 脳の細胞には日々、アミロイドβとよばれる変性したタンパク質などの老廃物が蓄積されています。 あなたも知ってる認知症は、このアミロイドβの異常な蓄積が大きな原因のひとつなんですよ。

脳血管の病気の原因と予防する方法 かかってからでは遅すぎる!

病気の種類は数え切れないほどありますが、脳梗塞ほど怖いものはないのではないでしょうか? 脳卒中が死因の第4位であり、その中のひとつの症状である脳梗塞は年間で約11.4万人もの命を奪っています。 そして、死亡する可能性の高さも去ることながら、要介護状態になる原因の第1位がこの脳梗塞なのです。 なんの予兆がなくとも家族への負担などを想像しただけで、ボクは怖さを感じてしまいます。 しかし、「病気に原因がないなんてことはありえない」のです。 なので今回紹介する記事の中で、脳血管の病気について知識を深めて下さい。 そして一緒に健康的で、幸せな日常生活を続けるための対策を講じていきましょう。
血管・血液・リンパ

脳出血になるのは年寄りだけ?いいえ40代のあなたもすでに前兆が現れていますよ…

脳の病気って年寄りがなるものでしょ?なんて思っていませんか? でも実は、食生活の欧米化やストレス過多などの中を生き抜くボクたち40代の男は、かなりのリスクにさらされているようです。 脳の病気といってよく耳にするのが脳卒中。 コレってひとつの病名じゃなくて脳出血、脳梗塞、くも膜下出血という病気の総称として脳卒中と呼ばれています。 その中でも、今回取り上げたのは脳出血。 脳の血管が何らかの原因で破れて脳の中に出血している状態で、症状が進むにつれ重い後遺症が残ったり、死に至ることもあるとても怖い病気なのです。