ヨガの呼吸法は効果絶大!?片鼻呼吸法はメリットだらけ…そのやり方は?

カラダづくり

スポンサードリンク

すー、はー、すー、はー。

 

たまにはラジオ体操や深呼吸もいいものですね。

上半身も下半身も、
左半身も右半身も

バランスよくっていうのは基本ですよね。

 

食べ物でも、土の上にできるものと
土の中にできるものをバランスよく食べると、

身体の「陰」と「陽」のバランスが整うっていうし…

 

ところが、鼻で呼吸をする際に
片方だけで吸ったり吐いたりする方法が、

実は健康に深く結びついているそうなんです。

 

今回はまだ一般には馴染みの薄い
片鼻呼吸法についてを解説してみます、

どうぞ読んでいってくださいね。

 

片鼻呼吸法はヨガの呼吸法のひとつ、そのやり方は?
 

口呼吸より鼻呼吸が良い(というか普通)、
くらいはボクも知ってましたけど、

片鼻呼吸法なんていうのがある
というのは初めて知りました。

 

一体どういうことなのでしょうか?

一連の流れを簡単に説明すると…

 

 1.リラックスして座ります。
   体の力を抜いてくださいね。

 2.右手の親指で右の鼻の穴を軽く押さえて、
   左の鼻の穴から息を吐きます。

 3.そのまま左の鼻から、ゆーっくり4カウント、
   吸えるだけ息を吸ってください。

 4.次に薬指を左の鼻の穴へ。
   両方の鼻の穴を塞いで、少し息を止めます。

 5.今度は親指を離して、右の鼻の穴から8カウント
   ゆーっくり息を吐いていきます。

  6.これを繰り返し、3~5分行います。

 

こう書いただけじゃイメージわかないと思うので、
動画も参考にしてみて下さいね。

 

 

ポイントは、
息を吸えるだけ吸い、
吐けるだけ吐ききる。

そしてゆっくり行うこと。

 

実はこれ、ヨガで大事にされている
6大呼吸法の一つなんです。

 

ナーディ・ショーダナとか
ナディ・ショーダン・プラーナヤーマ
とか言われています。

 

そしてなんと、中国古来より伝わる健康法である気功にも、
この片鼻呼吸法があるんですね。

スポンサードリンク

 

ヨガにも気功にもあるなんて、
なかなか信ぴょう性があるのかな?
って感じの方法ですよね!

 

今度から、朝起きたらとか寝る前にとか、
試しにやってみよっかなって思います。

 

その前に!口呼吸のデメリットを知っておこう
 

そもそも、口というのは食べ物を食べるための器官
なので、呼吸には向いていないのですね。

 

口呼吸のデメリットはというと、

 ・口が乾燥しやすくなる→唾液による
  ミネラル成分の補給が行われにくい

 ・免疫力が低くなる→虫歯になりやすい

 ・口の中の殺菌作用が落ちる→歯周病になりやすくなる

 

そして、風邪やインフルエンザに
かかりやすくなってしまうんです。

 

また、口呼吸では呼吸が浅くなりやすいので、
緊張しやすく、心身にストレスがかかる状態を
維持してしまっていることになります。

 

結果、パニック障害などの精神疾患になる可能性が
高くなっちゃうそうなんですね。

 

片鼻鼻呼吸の効果はというと…?
 

 ・免疫力が高まって病気にかかりにくくなる

 ・腹式呼吸を促すので、深く呼吸することができる
  →心身をリラックスさせる効果大!

 ・眠りの質が良くなるので、安眠できるようになる

 ・片方の鼻を交互に塞ぐことで、
  右脳と左脳を交互に刺激することができる

 

そしてこれは女性の皆さんに朗報!

鼻呼吸はなんと、
口元などが引き締まってくる小顔効果も、

顔の歪みやシワを改善してくれる
アンチエイジング効果もあるそうなんですね!

 

これはもう、やるっきゃない!?(古っ

 

いかがでしたか?

 

気功では、

「生物は口で呼吸するようにはできていないので、
普段から口呼吸をしていると自分の能力に
リミッターをかけてしまっている」

とも言われているんですね~。

 

よし!ボクもアホみたいにポカーンと
口を開けるのをやめて、

片鼻呼吸法でリミッター解除したら
すごい能力が目覚めるかもね…?

 

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています

コメント