スポンサードリンク

脳出血ってどんな病気?

脳の病気って年寄りがなるものでしょ?
なんて思っていませんか?

でも実は、食生活の欧米化やストレス過多などの中を生き抜く
ボクたち40代の男は、
かなりのリスクにさらされているようです。

 

脳の病気といってよく耳にするのが脳卒中。

コレってひとつの病名じゃなくて
脳出血、脳梗塞、くも膜下出血という病気の総称として
脳卒中と呼ばれています。

その中でも、今回取り上げたのは脳出血

脳の血管が何らかの原因で破れて
脳の中に出血している状態で、
症状が進むにつれ重い後遺症が残ったり、

死に至ることもあるとても怖い病気なのです。

 

脳出血の前兆とは?!

脳出血の原因として最も多いのが、高血圧。

なんと全体の70%!
そして血圧が高くなってくるのは、
ボクたち40代頃からが一番多いのです!

また高血圧と診断されていなくても、
上の血圧が120mmHgを超えていると
発症率が高くなります。

わかっちゃいるけど、
当然ボクたちのやってる過度の飲酒も
原因になります。(汗

1日に、日本酒なら2合。
ビールなら大瓶2本。

これを越えると脳出血リスクがあがります。

これ、ボクはほぼ毎日越えてますけど…(汗
気を付けなければ…
あなたもドキッとしませんでした?

 

そして、脳出血は脳梗塞と違って、
はっきりとした前兆がある場合は稀。

ほとんど無いようです。

 

この記事を読んでくれているあなたは、
ある日急にくるこれらの症状を
『脳出血の初期症状』として疑ってみて下さい。

 

どんな病気もそうですが、
特にがんや脳の病気では早期発見が大事なのです。

 

それにより後遺症なども大きく左右されるので
覚えておきましょう!

 

・めまいがする
・力が入らず立って歩けない
・気持ちが悪い、嘔吐
・今まで感じたことのないような強い頭痛
・片麻痺、手足がしびれる、
・ろれつがまわらない

 

などが脳出血の初期症状として多く見られます。

脳出血はセルフチェックを!己の病気を知り自分で訴えることが大事

これは実際に、僕の友人が一年程前に
脳出血になった時の話なんですが、

その日友人は、いつものように
いきつけのスナックで酒を飲んでいました。

スポンサードリンク

 

すると急に激しい頭痛に襲われたそうです。
さらには嘔吐も。

この頭痛も嘔吐も
酒のせいではないと思うほどひどかったらしく、
友人はすぐに救急外来へ。

しかし診断の結果は、
「風邪でしょう。」
とのことでした。

 

その後2回病院へ行ったのですが、
3回目の診断の際に

「絶対風邪じゃない。詳しく検査してくれ!」

 

と自分で訴えてやっと、
脳出血が起きていることに気付いてもらえ、
緊急手術となりました。

 

今じゃまた飲み歩いてますが…(ダメでしょ)

 

一歩間違えば、と思うと怖いですよね。

なのでやっぱり自分でこの病気を知って、
医師に症状を伝えるということも大事なんだ
と思った出来事でした。

 

40代からは高血圧対策!

脳出血にならないためには、
やはり一番の原因である高血圧を防ぐ、
コレに限ります。

高血圧は

・脂肪や塩分過多
・ストレス
・運動不足
・喫煙
・過度な飲酒

が主な原因です。

大豆食品は血圧を下げるのに有効な
ミネラルを多く含んでいますし、

キュウリやナスなどに含まれるカリウムは
体内にあるナトリウム(塩分)を
減らしてくれる働きがあります。

 

日頃から塩分の摂り過ぎに気を付け、
これらの食品を積極的に
摂るようにしていきたいですね。

 

外食や、会社の付き合いが多いと
なかなか自分でコントロールするのは難しいですが、

病気になってしまってからでは遅いです!

会社は自分のカラダのことなんて
気遣ってくれません。

 

日々の業務って、これら高血圧の原因を
誘い出すようなことばかりですね。(笑

さぁ、脳出血を予防するために
明日からちょっと仕事サボってみませんか?

 

なんてね。

ブログランキング参加中です!
皆さまの応援、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

こちらの記事もよく読まれています