genki100

五臓六腑

腸活がボクたちの健康を支える!腸マッサージが身体に与える効果とは?

ボクたちの身体の中でいつも働いてる腸はチョット意外で、『第二の脳』と言われるほど神経や血管、リンパが多くある重要な臓器です。 腸は免疫力を左右する役目もあるので、腸の調子が悪くなると免疫力が低下して、身体全体に悪影響を及ぼす結構重要な臓器なんですね。 最近よく言われる腸活とは、腸の働きを正常にもどすことで腸内環境を整え身体全体のコンディションをよくしましょう!という健康法です。 腸内環境を良くすることで便秘や肩こりを改善できる上に、さらにくたびれた男の肌を若々しくしてくれます。 腸の働きが悪くなる原因は、大腸の中に長くとどまっている便と腸の血行不良です。 毎日の飲酒などは腸を冷やし血行不良の1つの原因になるんです。
五感・感覚

突然あなたも緑内障に!40代の20人に1人に襲いかかる失明の危機

緑内障っていう病気、年寄りのなる病気だと思っていませんか? ところが実際は、ボクたち40歳以上の20人に1人がこの病気にかかっているんです。 コレって驚きじゃないですか!? 今回は40歳から気を付けなきゃイケナイ眼の病気、 緑内障について調べてみました。
喫煙・禁煙・タバコ

タバコの煙で家族を殺してしまえ!そう言ってるも同然?受動喫煙について考える

仕事を終えてビールもいいけど、やっぱり一服がたまらなく美味い! 禁煙、禁煙と騒がれてる今日このごろですが、まだまだそんなお父様方も多いのでは…。 でも、その一服が家だとできないっていうお父様方も多いのでは? 駅で吸って、コンビニで吸って。 家だとママや子供に「吸わないで!」って言われてしまったりして、いやはや肩身が狭くなっちゃいますね。 外じゃ普通に吸ってるけど、家ではもうやめてる、で通ってる人もいるはず… 親の喫煙が色んな面で奥様や子供へ影響してしまう、と分かっても家で吸っている、止めたくても止めれない。 そんな方へ、この記事を読んでもういい加減禁煙に踏み切ってもいいのでは? ということで、今回は喫煙による本人への害ではなく、周りに与える影響について調べてみました。
五臓六腑

休肝日がないならシークヮーサーを摂れ!肝機能を改善するボクたちの強い味方!

沖縄を代表する柑橘系果物シークヮーサーをご存知ですか? 柑橘系果物といえば、美容・美肌、 そしてビタミンC摂取に有名なのはやっぱりレモンですよね。 飲み助にポピュラーな使い方は何と言っても ”チューハイレモン”や”ハイボール...
血管・血液・リンパ

サイレントキラー…血圧の異常は死に直結!高血圧の対策と改善方法とは?

最近の健康診断で血圧が高い、なんて言われませんでしたか? 血圧が高いとか、低いとかって、よく聞くけれど何となくしか知らない人も多いのでは? そもそも血圧とは、血液が血管の壁を押す力のことで、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)と血管の硬さ(血管抵抗)によって血圧が決まります。 心拍出量が大きくなると血圧は上がり血管抵抗が小さくなると血圧は下がるという仕組みです。 血圧を表す一般的な言葉で、上というのは収縮期血圧(最大血圧)、下というのは拡張期血圧(最小血圧)を表します。
五感・感覚

鼻水は健康の証!正しい鼻のかみ方が健康維持に繋がる理由とは?

花粉症対策も大事だけど、今回は実際に鼻水タラタラになってしまった後の正しい鼻のかみ方について調べてみます。 ボクもそうなってしまった時はとにかく思いっきり鼻をかむけど、よくその後に耳がキーンってなります。 どうやらそれって、結構イケナイコトみたいですね。 反省の意味も含めて正しい鼻のかみ方、これから実践していきます!
ホルモン

アドレナリンの働きでストレスが味方になる?知っておきたいホルモンの知識

30代や40代のサラリーマンの方は、うつ病やさまざまな生活習慣病に深く関わると言われているストレスに、ある程度の関心をお持ちなのではないでしょうか? そしてボクもその1人ですが、ストレスに良い印象がある、という方は少ないはず…。 仕事をしていても終わりの見えないハードな内容だったり、毎日続くサービス残業&サービス出勤、ギクシャクする人間関係など、ついつい「ストレスが…」なんて言ってしまうものですよね。 しかし、人間の生命維持の観点からお話すると、必ずしもストレスが敵ではない、ということも事実なんです。 光を浴びた時の目の反応、食事をした時の消化器官の反応などは、ドーパミンとノルアドレナリンという神経伝達物質を経由して初めて、副腎の皮質からアドレナリンというホルモンとして分泌され、血液の濃さが変わった結果として筋肉が反応しているんです。 では、生命維持に必要なはずのストレスが うつ病や生活習慣病に繋がる、 と言われるのはどうしてなのではしょうか。

脳のゴミ、掃除しないと認知症になっちゃいますよ|ためしてガッテン!

あなたは最近こんなこと、思うことないですか? 何をやっても集中力が続かない、いつも頭がぼんやりしている、また今日も睡眠不足だなぁ、…なんて。 その原因、脳に溜まっているゴミのせいですよ! 身体の中に老廃物という名のゴミが出る、というのは一般的に知られているように、脳の中にだってそのゴミ(老廃物)はあるんです。 脳の細胞には日々、アミロイドβとよばれる変性したタンパク質などの老廃物が蓄積されています。 あなたも知ってる認知症は、このアミロイドβの異常な蓄積が大きな原因のひとつなんですよ。
体質・アレルギー・カラダの悩み

フードファディズム メディアに惑わされない食生活でメタボ対策を!

人って本当に、美味しいものに目がなかったり流行に乗りたがったりしますよね。 メタボ対策のダイエットについても色々やってきたという方も多いのでは…。 リンゴダイエットとかバナナダイエット、ナッツダイエットに、寝るだけダイエット。 〇〇抜きダイエットなんてのもありますね。 流行した時にやったものの多くは、結果としてはトホホ…だった、という方も多いのではないでしょうか? あなたが知っているダイエット情報、メタボ対策、それは本当ですか? 信ぴょう性はありますか?疑ったこと、ありませんか? 今回はフードファディズムについてお話ししたいと思います。
長寿・長生き

元気に長生きする秘けつは食べ物?そうタンパク質の摂り方にある!

長寿の国として日本は世界的にも有名ですが、どうして長寿が実現されているかを考えられたことがあるでしょうか? おそらく、これはほとんどの方がないと思います。 そして、長生きの秘けつを知るためにはネガティブな意味合いではなく、まずは死因について知っておくことが大切です。 ボクは仕事柄、健康に関する情報が多く入ってくるのでその重要性を日々痛感しています。 死因について、複雑なイメージをもたれている方も多いかもしれませんが、 実はガンと心疾患と脳血管疾患によって亡くなっている方は、全体の6割。 不慮の事故や老衰などの10倍の数となっています。