2018-07

五臓六腑

腸内フローラってお花畑?腸を整えて強いからだを作ろう!

最近は腸活とか、ビフィズス菌とか、腸を大事にしましょうってこと、よく耳にしますよね。 今回取り上げるのもボクたちの健康や腸活に関係している腸内フローラ。 聞いたことはあるけど、実際どんなものなのかご紹介しましょう! 人間の腸の中には多種多様な細菌が生きています。 その数なんと、数100種・600兆個以上!驚きですよね! これらの細菌は腸の壁に住んでいて、顕微鏡で覗いてみるとお花畑のようにみえることから、腸内フローラとよばれるようになったんです。
骨・関節・首・肩・腰

ジャックナイフストレッチで腰への負担ゼロ!柔軟なハムストリングを手に入れる

あなたは腰痛に悩まされたことないですか? 些細な事が原因で慢性的に腰痛を抱えてしまった、って人は多いはず。 ボクの周りでも、腰痛ってけっこう辛いんだよって言葉、よく聞きますね… 今回は、腰への負担を減らし腰痛の改善にすっごく効果のある、ジャックナイフストレッチを紹介します。 ジャックナイフストレッチとは、立って行う前屈(立位体前屈)の変型バージョンのようなものです。 胸と太ももをぴったりとくっつけて、体を半分に折りたたんだこのストレッチの姿勢が折りたたみナイフのように見えることから、ジャックナイフストレッチとよばれています。
血管・血液・リンパ

もやもや病ってナンだ?可愛いネーミングとは裏腹にその症状は恐ろしい

もやもや病は、2001年に歌手の徳永英明さんが手術を受け、その不思議な病名からなんとなく聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか? ボクもインパクトのある名前だな~という印象を持った覚えがあります。 しかし、このもやもや病というちょっと可愛らしいネーミングとは裏腹に、その症状は非常に恐ろしいものなんです。 なにが恐ろしいかと言うと、はっきりとした症状があらわれないということです。 ?…ちょっと意味不明ですが。 脳に送られる血液が不足することで、少なくなった栄養素をどうにか脳内に送ろうと毛細血管が発育し、その見た目が煙のようだということで付けられた病名なんだそうです。
肥満・ダイエット

メタボ腹の原因はデブ菌!?もち麦でヤセ菌を増やして今度こそ絶対痩せるぞ!

メタボ腹を解消しようと、食事制限や運動をして頑張っているのに なかなか思うような効果が出ない、なんてことないですか? それ、もしかしたらデブ菌のせいかもしれません... デブ菌ってなんだよそれー!って思いますよね。 もちろんこのデブ菌とは通称で、正式名はファーミキューテスといいます。 デブ菌の反対の菌は、そのまんま、ヤセ菌なんですね(すごい名前ですよね...笑 こちらはバクテロイデーテスが正式名です。
ホルモン

男性更年期の症状は40代から現れる!気力だけでは乗り切れない?

更年期や更年期障害なんて女性だけのものだと思っていました。 でも更年期障害ではないにしろ、最近ストレスでイライラしがち、夫婦生活が今は…、って言う人はすごく多いはず。 そんなあなたも即チェックして、早いうちから対策していきましょう。 ボクも気分はいつも20代後半、なんですが…。 今回は、男性更年期について調べてみます。 ナニ~!男性更年期は早い人なら30代から?  「更年期」と言われると女性特有の症状だと思っていませんか? ところが近頃は、ボクたち40代の働き盛りの男性の更年期障害も増えているのです。
長寿・長生き

アディポネクチンって何だ?テレビでも紹介された長生きホルモンについて調べてみた

”長生きホルモン”って言われても、年寄りじゃあるまいし、関係ないな~なんてスルーしちゃいますよね? そんなあなたも、今のうちから、毎日の生活習慣をほんの少し変えるだけで、老化を抑え若返りを実現できますよ! 今回は、”長生きホルモン”について調べてみます。 1995年に発見されたアディポネクチンというホルモンをご存知でしょうか? 実は、このホルモンに関する研究では、100歳以上の長寿の方々には血液中のアディポネクチンが多かったという事実がすでに明らかになっているんです。 そのため、アディポネクチンは別名『長生きホルモン』とも呼ばれ、日本が長寿大国になったひとつの要素とも言われています。
食生活

納豆がカラダにいいのは百も承知!じゃナットウキナーゼって知ってる?

40代の働き盛りの皆さんは、ナットウキナーゼという栄養素の恩恵をうまく活用していますか? ナットウキナーゼとは1980年代に発見された栄養素であり、日本の長寿の土台を形成したとも評されています。 今回、これからも社会で活躍し続けるサラリーマンの方々に、このナットウキナーゼの効果を紹介する理由は、1日1パックに含まれる50グラム程度の納豆によって、生活習慣病対策をおこないつつ、仕事の効率アップも期待できるためです。 ナットウキナーゼの主な効能は血栓の融解にあります。 もちろん、食生活などよって個人差はありますが、欧米化した現代の食生活では、知らず知らずのうちに高騰するコレステロール値も自己管理が必要です。
体質・アレルギー・カラダの悩み

花粉症対策は今すぐ考えよう!今や人口の4割に増え続けてる

花粉症に侵されている人の数が、今や人口の4割にものぼることをご存知ですか? 今もなお、その数は増加し続けています。 現在は、20代でも花粉症にかかる時代ですが、もともとは40代に多かったのが花粉症。 年齢が進むにつれて、花粉症に悩まされている方の割合も高くなっています。 また、花粉症の原因が食生活にあることも、花粉症を無視することができない大きな理由です。 食事の欧米化やデジタル家電の普及によって、うまく体がスギやヒノキなどから放出される花粉に対処できなくなったことが原因のひとつと言われています。 働き盛りだからこそ、軽度だからと無視せずに、今のうちから先を見越した対処が必要を行いましょう。
生活・イクメン・子育て

イクメンパパは知っといて!突然死が乳児を襲う…乳幼児突然死症候群

このブログは40代の方への健康管理を提案していますが、今回はあなたへではなく、あなたのお子さんに向けての気になる病気…というか事故?について調べてみます。 40代の方のお子さまというと、小学生から高校生という方が多いと思われますが、中には赤ちゃんが生まれたばかり、あるいはこれから生まれてくる、という方もおられるはず。 40代から発症率は大幅に上がる突然死ですが、意外や意外、赤ちゃんに?ということで今回は小さなお子さんを襲う乳幼児突然死症候群についてご紹介します。

脳血管の病気の原因と予防する方法 かかってからでは遅すぎる!

病気の種類は数え切れないほどありますが、脳梗塞ほど怖いものはないのではないでしょうか? 脳卒中が死因の第4位であり、その中のひとつの症状である脳梗塞は年間で約11.4万人もの命を奪っています。 そして、死亡する可能性の高さも去ることながら、要介護状態になる原因の第1位がこの脳梗塞なのです。 なんの予兆がなくとも家族への負担などを想像しただけで、ボクは怖さを感じてしまいます。 しかし、「病気に原因がないなんてことはありえない」のです。 なので今回紹介する記事の中で、脳血管の病気について知識を深めて下さい。 そして一緒に健康的で、幸せな日常生活を続けるための対策を講じていきましょう。